モデルコース

course01_寒風沢島での離島農業体験とマリンアクティビティー

浦戸諸島の寒風沢島を中心に、自分自身が島民になりきり、島生活を体験できるプランです!
塩釜市雄一の田んぼで浦霞酒造の純米吟醸「寒風沢」の酒米となるササニシキを作っている農家さんと丸々1日を過ごして、ディープな島生活に飛び込みます。
若手がほとんどいない寒風沢では、農家の苦労を少し実感した上で、感謝を込めて農家作業のお手伝いしましょう!
作業終わったら、ゆったりした島時間の良さを身に付けて、お米を含む島の美味しい生産物と島の大自然を満喫します。

1日目

9:00 / 塩竈市汽船に乗船し寒風沢島へ
マリンゲート塩竈に集合。9:30発の塩竈市汽船へ乗船し、浦戸諸島へ向かいます。
最初の目的地である寒風沢島までの約45分間、松島湾の美しさをお楽しみください。

塩竈市汽船は、マリンゲート塩釜から桂島→野々島→石浜→寒風沢→朴島の順番で、浦戸諸島全島に寄るので、島の生活感が楽しめる交通移動です!
船内では、事前に配布された「URATO LOCALHOOD STORYBOOK」を見て、島滞在中のルールや、「島時間」の過ごし方についてインプットしてください。

10:30 / 寒風沢:島歩き・田んぼの見学・野菜収穫体験
民宿「外川屋」の外川晴信さんにガイドしてもらう「島での生活が学べる島歩きツアー」で、寒風沢の歴史・文化・産業を学び、最後は、外川さんの畑で昼食用の食材調達のための、野菜の収穫体験を行います。

寒風沢島とは:浦戸諸島の一番大きな島です。江戸時代には伊達藩の江戸廻米の港として栄えていました。当時の港の繁栄を今に伝える、日和山の十二支方角石や花魁の願いが込められた縛り地蔵、日本初の洋式軍艦「開成丸」の記念碑、砲台跡などの興味深い歴史や史跡が点在しています。島の奥に進むと、太平洋を独り占めできる美しく穏やかな砂浜が広がります。また、河川のない寒風沢島では、天水のみで米作りを行っており、秋は刈り取った稲を天日干しする懐かしい稲作風景も見られます。

12:30 / 外川屋で昼食
収穫した野菜を含む、島の食材で作られた昼食でチャージアップ!

寒風沢島:田舎に帰省した時のような感覚が味わえるお宿。都会では得難い自然体験や、島で獲れた食材をふんだんに使った家庭料理が所狭しと並び、どこか懐かしい気持ちになります。市場には出回らない幻のお米「寒風沢米」の生産者でもあり、国内でも希少な島育ちの米が味わえます。宿主ご夫婦の温かいおもてなしにも癒され、居心地の良い時間を過ごせること間違いなしです。

13:30 / 寒風沢で恩送り作業
田んぼまたは畑で、島の課題解決のための恩送りを行います。
※恩送り作業の内容は、田んぼでお手伝い・竹切りなど、時期や希望に合わせて調整可能。
※時期が合えば、浦霞酒造純米吟醸「寒風沢」の酒米となる米の田植え又は稲刈りのお手伝いできます。

PHILANTOURISMの「恩送り」:浦戸諸島での体験や触れ合いから島の「魅力」と「課題」を直に感じ、あなたが貢献できる価値を島へ提供してください。
その価値を「地域」のためだけでなく、「次の旅行者のため」にも活用し、循環させていくことで、効果を拡大させていきます。

15:30 / 外川屋にチェックイン
宿泊先にチェックインした後、島じかんや外川屋でお父さんやお母さんとの交流をお楽しみください。
島の食材や島ならではの食べ方がいっぱい詰まった夕食とともに、外川さんが作ったお米で作られた「寒風沢」で乾杯!

島じかん活用例:砂浜で波の音を聞きながら夕日を見る。
また、天気が良ければ、桟橋や砂浜から満天の星空も楽しめます。

2日目

早朝 / 朝の島じかん
朝はゆっくり散歩をするなど、島ならではの静かな朝を自由にお楽しみください。

澄んだ空気に、朝日に照らされてキラキラしている海など、写真撮影もおすすめです。

10:30 / 渡船で野々島へ移動
外川屋でゆっくり朝食食べてから、次の島へ移動します。

島間の移動は、船着場から直接電話で連絡することで、対岸から迎えに来てくれるシステムです。

11:00 / 野々島で島歩き&シーカヤック体験
野々島感動支援隊でガイドの遠藤勝さんによる島歩きツアーを実施。
今度は、野々島と歴史・文化・産業を陸と海の両方から見学します。
陸から景色はもちろん、シーカヤックに乗り、海から島巡りしながら眺める浦戸諸島も絶景です。

シーカヤックは2人乗りですので、初心者やお子様でも安心して楽しむことができます。

13:00 / 昼食(お弁当)
昼食は、島の景色が楽しめるポイントでお弁当を食べます。
このお弁当は、「がんばる浦戸の母ちゃん会」が、浦戸諸島の四季折々の海産物や農産物を使って、ひとつひとつ丁寧に仕上げてくれる、オンリーワンのお弁当です!

「がんばる浦戸の母ちゃん会」は、島のお母さんたちが集まって、お弁当やお土産品開発などの活動している団体です。

14:23 / 塩竈市汽船に乗船し塩竈へ
ツアーはここまでで終了です。
14:23発の塩竈市汽船へ乗船し、塩竈(本土)へ戻ります。

ツアー参加者へはお土産として、「外川屋のササニシキ1kg」もしくは「浦霞 純米吟醸 寒風沢(720mL)」をお渡しいたします。

体験可能期間2022年5月1日〜2022年10月31日
催行人数(最小 / 最大)2名 / 8名
料金2名:31,000円 / 人
4名:28,000円 / 人
6名:27,000円 / 人
8名:16,300円 / 人
※インバウンドの場合、スルー通訳ガイド付きで1組+3万円
予約期限1ヶ月前
予約方法リクエスト予約(リクエストはこちら
その他お問合せ株式会社インアウトバウンド仙台松島
tours@inoutbound.co.jp

関連記事

カテゴリー

カテゴリーを選択

アーカイブ

月を選択
PAGE TOP